自然葬についての知識

葬儀の仕方が社会の成長や変化によって大きく変わってきました。
その変わってきた葬儀の方法の中に自然葬というものが存在します。


自然葬とは、普通の葬式とは違い通常は遺体を火葬したらお墓に遺骨をしまうのに対して、自然葬はお墓ではなく、海や山などの自然に遺体や遺骨を還す葬送のことです。


これにより自然の大きな力の中に回帰することで自然の中に溶け込み自然と同化すると考えられている。

また、自然のエネルギーに変わるともされている。

主に自然葬は風葬や鳥葬、火葬、土葬など自然に回帰するような葬儀の方法を全般に指すことがあります。

最近の日本では、この葬儀の方法を望む風潮が強くなってきています。

47NEWSの情報を幅広く扱っているサイトです。

自然に帰りたいという意思が増えているためとも言われています。



しかし、自然葬が公認されたのはつい最近のことです。理由は戦後の長い間は墓地、埋葬等に関する法律によって、遺体や遺骨を墓地以外の区域で埋葬してはならないなどの決まりごとがあったため、違法行為とされていたため認められてませんでした。

しかし、1991年に法務省と厚生省が認めたことにより、現在では行われるようになりました。


この葬儀の方法は墓地を使用するということで無駄な土地開発を行うことが減ったり、お墓を継承する人物がいなくても良いというメリットがあります。


通常の葬儀では行うことの出来ないことがこの葬儀で体験することが出来ます。

そして、これからの世の中ではさらに、需要が高まってきます。