自然葬とはどういったことか

人が亡くなり、葬送をする場合、色々な方法があります。一般的なお墓に納骨をするのではなく、海や山、樹木の根元など、自然の中に回帰させる葬送の仕方を自然葬と呼んでいます。
自然が好きで、お墓を持つ気持ちがない人達の場合には、こういった方法が向いています。

海や山、空から遺骨をまく方法をとる場合には、こういったことを専門に請け負っている業者とよく相談をすることが大切です。

家族も一緒にクルーザーやヘリコプターに乗り、大自然の中に戻してあげる気持ちで、供養を行います。

遺骨は粉末にしてもらうことが必要になるため、そういった費用がかかることになります。

また、業者に委託をして、散骨をしてもらう場合と、家族が乗り物に乗って散骨をする場合とは、費用の点で大きな開きがあります。
また、ひとつの家族で貸し切って自然葬を行う場合と、いくつかの家族で合同で行う場合とは、費用の点で違いがあります。



いずれにしても、土地を購入し、お墓を建てて、納骨をする場合と比較をすると、費用の負担は少なくてすみます。
自然葬を好む人達が増えているのは、大自然の中に葬ることの魅力と、費用が安くすむ点にメリットがあるためです。

自然葬の場合にも、四十九日、一周忌、三周忌等の法要を行うことも可能です。



そのあたりは一般的な法要と変わりはないため、故人を懐かしむ時間を設定することが出来ます。
日本では古代から、遺体や遺灰は海や山に還すことが一般的でした。

幅広い分野の視点からWeblio辞書に関してとにかく簡単に調べられます。

この時代にも自然葬の意味を理解しておくことは、有意義なこととなります。