永代供養にも色々種類がある

永代供養ではお堂を建設して、その中に共同墓地を作って供養するお寺があります。

建物の中にあると汚れる心配がなく管理がしやすいのと、お墓参りに来た人たちが雨や風、日差しといった天気の心配をすることなく訪ねることが出来るためです。お堂を建設して納骨堂として利用する場合、広さにもよりますが通常のお墓を建てることも可能です。

その場合は通常のお墓と何も変わりませんが値段も高価になります。
永代供養を行うのに、あまり高価なお墓を建てる必要のないと考える方も多く、最近では墓標や仏壇タイプのものも出てきています。



このタイプですと、お墓ほどのスペースや値段はかかりませんが、厳かな雰囲気も残したまま、たまに訪れる墓参りの客にもお参りしやすくなっています。

永代供養の場合基本的なお墓の管理はお寺にしてもらうことになるため、残された親族に迷惑がかかることはありません。


また墓を守ってくれる親族や子供たちがいない人でも、安心して任せることが出来ます。



また死後誰も訪れる人がいないからと言って寂しい思いをすることもありません。

現代では宗教に対するこだわりがない人も多く、お墓なんて高価なものはいらないとか、親族や子供たちに迷惑はかけたくないと理由で、お墓を望まない人も出てきました。


しかしせっかくなので、何か生きた証を残しておきたい、そういう人にとって永代供養は、比較的理にかなった方法として注目を集め、検討している人が増えてきているようです。

日本経済新聞情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。